CHECK

家庭教師の授業料はどれくらいが相場?

家庭教師の授業料はどれくらいが相場?

家庭教師の授業料は、家庭教師派遣会社を介するかどうかで大きく変わります。まず派遣会社を利用した場合の相場は、1時間あたり小学生で2,000円から3,000円、中学生が2,500円から3,500円、高校生が3,000円から4,000円ほどです。また、派遣会社を利用した場合は、授業料以外にも入会金や教材費などの費用が発生するのが一般的です。 講師と直接契約を結ぶ個人契約の家庭教師にかかる費用は、派遣会社よりも安い傾向がありますが、その費用はプロと学生で変わってきます。プロの講師の場合、1時間あたり小学生で2,000円から2,500円、中学生で2,000円から4,000円、高校生で3,000円から5,000円ほどと言われています。学生の講師の場合は、1時間あたり小学生で1,500円から2,000円、中学生で2,000円から3,000円、高校生で2,000円から3,000円ほどが目安です。なお、個人契約の家庭教師は費用は抑えられますが、講師とのトラブルが発生した場合に自分たちで対処しなければならないので注意が必要です。

家庭教師は授業料以外の費用もかかることを忘れてはなりません

家庭教師を検討する場合には、ひと月当たり、また1回につきどれぐらいの授業料がかかるのかと気にしている人も多いですが、授業料以外にも様々な費用が発生することから、総合的に考える必要があります。授業料以外にどのような費用がかかるのかと言うと、まず第一に入会金です。入会する場合には登録料として必要になるものです。場合によっては入会金を無料に設定しているところや、無料キャンペーンを実施している期間などもあります。できるだけ費用を抑えたい場合には、無料期間などを狙い入会してみましょう。そして万が一月謝の滞納に備えて支払っておくものが保証金です。これは滞納しなければ返還されるものの、初期費用として必要です。さらには管理費やサポート費用などが挙げられ、これはセンターを運営していくために必要なものです。これらは無料であるケースもありますが、無料の場合には運営会社のサポート体制が整っているかどうかの確認も重要です。指定の教材を購入しなければならないケースもあります。子供の学習進歩や費用の両面から、教材への投資が必要かどうかを検討しましょう。その他にも家庭教師の交通費、業者により契約更新料、解約手数料等が必要になることもあります。契約の前に何が必要なのかを問い合わせておくことが大切です。

家庭教師に関する情報サイト
家庭教師と受験克服

家庭教師は集団授業塾や個別指導塾と並んで学習のツールとして使われていますが、選ぶ時にはポイントを押さえて探していくことが求められます。高校受験対策においては、どういったことが大事な事なのかを考えていきましょう。気になる料金ですが、他のツールよりも少し高めに設定されていることが多いです。それはマンツーマンで講師を独占する事であったり、自宅まで来てもらう交通費などもかかるためです。総合的に考えていきましょう。

Search