CHECK

高校受験対策には家庭教師がおすすめ!家庭教師の利用の際に知っておきたい基本情報をご紹介

家庭教師は集団授業塾や個別指導塾と並んで学習のツールとして使われていますが、選ぶ時にはポイントを押さえて探していくことが求められます。
高校受験対策においては、どういったことが大事な事なのかを考えていきましょう。
気になる料金ですが、他のツールよりも少し高めに設定されていることが多いです。
それはマンツーマンで講師を独占する事であったり、自宅まで来てもらう交通費などもかかるためです。
総合的に考えていきましょう。

高校受験対策には家庭教師がおすすめ!家庭教師の利用の際に知っておきたい基本情報をご紹介

高校受験対策は色々な方法があります。
集団授業の塾や個別指導の塾というのが第一に考えられるかもしれませんが、実績のある家庭教師というのもお勧めです。
家庭教師は生徒さんそれぞれの学習ペースや目標とする学校の対策が効率よく出来るというのが最大のメリットです。
自宅まで来てもらうことも出来ますが、その分交通費などがかかるという事は知っておきましょう。
料金はベテラン講師なのか、有名大学の講師なのかによっても変わります。

高校受験対策に家庭教師を利用するメリットとは?

高校受験を控えた中学生の保護者の中には、学習塾と家庭教師のどちらを選択すべきか迷っているという方も多いかと思いますが、家庭教師には学習塾にはない様々なメリットがあります。
まず挙げられるのは、通学時間がかからないことです。
例えば、往復に20分かかる学習塾に週2回、年間で96回通わせる場合、移動に32時間もの時間を費やすことになります。
しかも、夜間の移動は事故や犯罪などのリスクもありますし、送迎をするとなると保護者の負担も大きくなります。
しかし、家庭教師であれば通塾にかかる時間を全て勉強に充てることができますし、夜間の移動もないので保護者も安心です。
加えて、時間の融通も利きやすいので、部活や習い事などとの両立も難しくありません。
また、完全マンツーマン指導なので、理解度や目標に合わせた指導を受けることが可能です。
周囲の生徒に気を遣わずに質問できるのも魅力のひとつで、分からない部分が分からないまま放置されにくいというメリットもあります。
さらに、学習塾と比べて家庭教師は生徒との距離が近いため、勉強以外の相談がしやすいという特徴もあります。
勉強以外の悩みが解消されれば、目標達成に向かって勉強に集中しやすくなるでしょう。

高校受験対策に家庭教師を利用するデメリットとは?

高校受験を控えていて、個別の丁寧なサポートを受けたいという理由で家庭教師を選ぶことがあります。
一対一で指導してもらえますので自分のペースで学習できますし、質問したい時には誰にも遠慮せずに質問ができます。
通塾の負担も軽減できて良いことばかりにも思えますがデメリットもあり、家庭教師では自宅で学習することが多いので、緊張感が無くて集中できないこともあるようです。
また、料金面を確認すると高額になることが多く、費用負担が大きいために受ける時間数を減らすケースもあります。
自宅学習ということで同じように勉強をする仲間が周りにはいませんので、競争力が養われないというデメリットもあり、切磋琢磨するような環境でないと学力が伸びないお子さんには不向きです。
受験という明確な目標があっても、競争相手もない状況で同じペースで続けるのはかなり大変なことですので、お子さんの性格によっては合わないケースもあることを覚えておく必要があります。

どんな子が家庭教師が向いている?

子供が学習をする方法としては、塾や家庭教師など様々なものがありますが、その効果を最大限に引き伸ばすためには、自分の子供にぴったりのものを見つける必要があります。
その中でも家庭教師が向いている子の特徴は、まず第一に勉強が苦手であったり嫌いだったり子供が挙げられます。
先生と子供が1対1で話すことになるため、モチベーションを上げやすいと言えるでしょう。
家庭教師はただ勉強を教えるだけではなく、お兄さんやお姉さんのような存在として楽しく指導してくれるケースも多いです。
特に大学生などとなると子供とも年齢が近く、芸能人やゲームなどの話を上手に取り入れながら教えられる人も多く見られます。
もちろん勉強も大切ではありますが、苦手意識があるのであれば、まずは楽しさを重視した方が良いでしょう。
そして勉強の仕方がわからない子供も有効といえます。
塾は勉強を教えてくれるものの、そのやり方まで踏み込む事は難しいです。
子供によっても良いやり方は異なり個別対応が必要であるため、家庭教師であればやるべきことを具体的に指示してもらうことができます。

家庭教師と個別指導塾の違いとは?

家庭教師と個別指導塾は、集団指導塾のように大勢に一斉に授業を行うスタイルとは異なり、一人一人にきめ細かで丁寧な指導を行うことができる点で共通していますが、いくつか違いもあります。
例えば、個別指導は実際に講師がいる塾に通うことになりますが、家庭教師の場合には自宅に講師が来て自分の家で勉強を教えてもらうことが可能です。
そのため、塾への行き帰りの時間がかからないことから、部活や習い事で忙しい小学生や中高生でも時間を有効に使うことができます。
また、家で教えてもらうことで、リラックスした雰囲気の中で授業を進めてもらえる点も魅力です。
さらに、個別指導塾では、講師1人につき必ずしも生徒が1人ではなく、生徒が2人から3人に対して講師1人が教えるスタイルが多くなっています。
一方家庭教師の場合には、必ず講師1人に対して生徒1人のスタイルで授業が行われ、マンツーマンでしっかりと教えてもらえるので、生徒の集中力がアップしたり、質問がしやすい点がメリットです。

家庭教師に関する情報サイト
家庭教師と受験克服

家庭教師は集団授業塾や個別指導塾と並んで学習のツールとして使われていますが、選ぶ時にはポイントを押さえて探していくことが求められます。高校受験対策においては、どういったことが大事な事なのかを考えていきましょう。気になる料金ですが、他のツールよりも少し高めに設定されていることが多いです。それはマンツーマンで講師を独占する事であったり、自宅まで来てもらう交通費などもかかるためです。総合的に考えていきましょう。

Search